Top > 不妊治療でよく使われる注射

不妊治療でよく使われる注射

カラダを温めれば不妊は治る!

 

不妊治療では内服薬や注射、点鼻薬などいろいろな薬を使っての治療が行なわれます。不妊治療の際に良く使われる注射に、ヒュメゴン、HMG、バーゴグリーン (hMG製剤)やフェルティノームP(FSH製剤)、HCG(hCG製剤)などがあります。

これらの注射は、不妊の原因がどこにあるかによって使い分けられます。hMG(ヒト閉経ゴナドトロピン)は卵巣を刺激して卵胞を成熟させるために使用する薬で、排卵がない人や排卵しにくい人、体外受精の際にたくさん卵を育てる時に使われます。不妊治療の飲み薬での排卵誘発に比べてとても良く反応をしましますが、時に反応が強すぎて卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が怒ることがあります。また、多胎率が約20%と高くなることが知られています。

hMGの中からできるだけLH(黄体形成ホルモン)を取り除いたものをFSH製剤といい、OHSSが起こりにくいことから、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の人にはこちらでの排卵誘発が適しています。hCG(絨毛性性腺刺激ホルモン)は卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌を促す作用があり、不妊治療では成熟させた卵胞を排卵させたり、高温期を持続するために黄体ホルモンの補充として使用されます。これらの注射は、単独もしくは組み合わせて不妊治療に用いられます。

 

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
不妊治療でよく使われる注射(2009年8月 3日)
不妊治療で使われる薬剤(2009年8月 3日)
不妊治療に必要なカウンセリング(2009年8月 3日)
カウフマン療法(2009年8月 3日)