Top > 不妊治療で使われる薬剤

不妊治療で使われる薬剤

ドクター森本の不妊は家庭で治せる

 

自然のタイミングではなかなか上手く妊娠することができず、ホルモンバランスに何らかの問題がある不妊の場合は薬剤を使っての治療が行なわれます。不妊で排卵がない、排卵しにくく良い卵が育ちにくい人には、セキソビット(シクロフェニル製剤)やクロミッド、フェミロン(クロミフェン製剤)などの排卵誘発剤が投薬されます。

これらの薬は生理開始から5日目から5日間、排卵のしにくさ、不妊の程度にあわせて飲む量を調整して処方されます。不妊治療の排卵誘発剤としては、セキソビットよりもクロミフェン製剤の方が強く反応を示しますが、クロミフェン製剤を使い続けると頸管粘液の分泌が少なくなる、子宮内膜が薄くなるといった副作用があります。

頸管粘液が減ると精子がスムーズに入っていけない、子宮内膜が薄いと受精卵が着床しにくいなど妊娠しにくい状態になります。また、不妊治療の内服薬には、子宮内膜を育て、黄体機能不全の治療に使われるルトラールやデュファストン(黄体ホルモン製剤)というものもあります。これらの薬は黄体ホルモンを補う薬で、子宮内膜を厚くさせて着床しやすい状態に整え、高温期を維持するのを助けるために使われます。黄体ホルモン製剤は不妊治療薬としてよく使われる薬ですが、吐き気や胸の張り、頭痛などの副作用が起こる場合があります。

 

 育児の悩み  子育てストレス  ウォーキングと歩き方
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
不妊治療でよく使われる注射(2009年8月 3日)
不妊治療で使われる薬剤(2009年8月 3日)
不妊治療に必要なカウンセリング(2009年8月 3日)
カウフマン療法(2009年8月 3日)